ラダック 旅行記 2019 ⑥ インダス川とザンスカール川、アルチ・ゴンパ

投稿日:2020年7月21日 更新日:

今日はタクシーをチャーターして、インダス川の下流地域の下ラダックへ。

スケジュール

7/14 13:30 レーを出発

道中でランチ

14:00 インダス川とザンスカール川の合流点

15:00 アルチ・ゴンパ

17:30 ラマユル・ゴンパ

20:00 ホテルへ帰宅

 

インダス川とザンスカール川が出会う場所

お昼過ぎにレーを出発。タクシーの車窓から見る景色も最高です。
何よりバイクのように風を受けないので疲れません。快適だわー。

川の近くには緑があります。


川を離れると、水気のない乾燥地帯になります。


この白い物は「チョルテン」と言う仏塔です。
「チョルテン」は、高僧の遺物などを収めるためのものだそうです。
チベット文化圏特有の景色ですね。


40分ほど山道を上がると、インダス川とザンスカール川の合流地点につきました。

これがあのインダス川か。猛々しい。

雨季なので茶色いですが、これもまた大陸っぽくていいですね。

インダス川は、インドという国名の由来になった川です。

「インド」という国名はインド人が名乗ったものではないそうで、
インドの人々は自国を「Bharat(バーラタ)」と思っているそうです。

ラーマヤーナ、マハーバーラタなど、インドの古い物語では、インドという国は「バーラタ」と書かれています。

川の合流点は大きなエネルギー同士がぶつかる場所なので、腹の底から突き上がるような感覚があります。
「うおーーーー!」と叫びたくなる感じ。
これは写真じゃ伝わらないかな。

気軽に「行ってみてね!」とは言えませんが、ぜひ実際に行って体験してみて欲しいです。

 

さぁ、次行ってみよう。

 

アルチ・ゴンパ

仏教美術の宝庫と言われるアルチ・ゴンパへ。

スムチェクというお堂の中には、5メートルほどの菩薩が三体いらして、色彩は、金、青、赤を基調とした重みのある色。

お顔立ちも、ラダックの仏像はタイの仏像っぽいなと思っていましたが、ここははっきりと違いました。

妖艶で、奥行きがあり、細部まで華々しい。仏像としての高貴さや神聖さもありながら、美術品をみているような感覚でした。

びっしりと書かれた壁画も素晴らしくて、吸い込まれそう。

私はこの壁画はキレイに保存されていると思いましたが、近くにいた方が「10年前に見たときと全然違う。だいぶ劣化したなぁ」とぼやいていました。なので、数年すると、今とは全く違った趣になっているのかも知れません。

美しいものも、時とともに変化します。出会いは一期一会ですね。

残念ながらここは撮影禁止。でも、写真より実物見た方が絶対に良いので、行った時のお楽しみにしましょう。

 

チャイとクッキーで休憩

 

次を読む
ラダック旅行記 2019 ⑦ ラマユル・ゴンパ

ラマユル・ゴンパ くねくねと乾燥した山道を登り続けると、まるで月面に降り立ったような場所にたどり着きます。 ここは「ムーンランド」と呼ばれているそうです。 さらに行くと、遠くからもゴンパが見えてきます ...

続きを見る

インドヨガに関するお問い合わせは下のボタンをクリック!

今すぐ問い合わせをする

お気軽にお問い合わせください

-ラダック スピリチュアル リトリート

Copyright© HimalayanYogshala , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.