アーユルヴェーダの食事論

こんな方が受講されています!

  • 健康の基盤である食事について実践的に学びたい
  • ただのお料理教室ではなく、アーユルヴェーダの理論に基づいた食事学を学びたい
  • それぞれの体質や時間帯ごとの適切なメニューと調理法を学びたい
  • 自分や家族や身の回りの人のためにホームレメディーの作り方を学びたい
  • アーユルヴェーダの本場、ケララで学びたい
  • アーユルヴェーダ大学病院で学びたい
  • 日本語通訳付きで安心して学びたい
  • アーユルヴェーダとヨガの両方を学びたい

 

アーユルヴェーダの食事論とは

アーユルヴェーダを日々実践するにおいて、最も重要と言っても過言ではない、食事。
健康は食事によって作られ、また病気も食事によってのみ作られる、とアーユルヴェーダの古典書も食事の重要性を述べています。

このコースでは、ヴァータ、ピッタ、カファ向けの朝食、昼食、夕食オプション、ドリンクやスープ、デザートのオプションを学んでいきます。さらに、お家で作れる簡単なホームレメディーも実践的に学びます。

また、このコースの特徴は実技だけではなく理論もしっかりと学ぶところ。
「アーユルヴェーダ料理って、インド料理なんでしょう?日本ではあまり作れないんじゃない?」
と思われるかもしれませんが、このコースは「日本に持ち帰って実践していただく」ことを目的としています。
理論をしっかりと学び、知識を応用して活用できるようになりましょう。

 

アーユルヴェーダの食事論 講義内容

●理論

・アーユルヴェーダの食事(イントロ)
・アーユルヴェーダの食事(まとめ)

 

●実技

・体質別:適切な別朝食のオプション
・体質別:適切な昼食のオプション
・体質別:適切な夕食のオプション
・体質別:適切なドリンク
・体質別:適切なスープ
・体質別:適切なデザート
・ホームレメディー

 

日程

9/22 11:15   成田 ✈︎ クアラルンプール ✈︎ コーチン 23:10  コーチン 空港着 24:30  ターミナル3出口集合
9/23 3:00am PNNMアーユルヴェーダ 大学到着 チェックイン 理論:アーユルヴェーダの食事論 理論:アーユルヴェーダの食事論
9/24〜9/27
食事論クラス
ヨガ
ヴァータ・ピッタ・カファそれぞれの朝食 昼食 夕食作り
理論:アーユルヴェーダの食事論まとめ
ホームレメディー
ヴァータ・ピッタ・カファそれぞれのドリンク、デザート作り
9/28 0:10 コーチン ✈︎ クアラルンプール ✈︎ 成田 18:05 成田空港着

※スケジュールは、関東圏からご参加の場合の例で記載してありますが、地方から直接コーチン集合も可能です。
※食事論クラスのみ単体受講される場合は、9/23 Himalayan yogshalaの看板を持ったドライバーが空港にお迎えに参ります。

 

1日のスケジュール 例

  • 7:00-8:00        消化力を上げるヨガ
  • 8:00-9:00        朝食
  • 9:30-11:00       実技クラス
  • 11:00-11:30   ティーブレイク
  • 11:30-13:00      実技クラス
  • 13:00-14:30     ランチ
  • 14:00-16:00     実技クラス
  • 16:00-16:30     ティータイム
  • 17:00-18:30     フリータイム or 実技練習
  • 18:30-19:30      消化力を上げるヨガ
  • 19:30-20:30      ディナー

 

ケララってどんなところ?

アーユルヴェーダの伝統が深く根付いた、南インドに位置するケララ。
日本と同じようにインドでも現代医療が一般的になってきている中で、ケララでは病院の約半分がアーユルヴェーダの病院で、何か不調がある時にアーユルヴェーダ病院に診察に行く人も他の州に比べても、とても多いようです。
古くからの歴史がある有名な病院も数多く存在するケララ。

その土地に足を踏み入れてケララの人たちとアーユルヴェーダの関係性を見ることだけでも、新鮮な経験になることは間違いありません。

 

ヨガの学び

朝、夕、1日2回のヨガクラスがあります。
ここでのヨガの学びは、リシケシから参加するラナ先生より、アーサナクラスに加えて呼吸法やヨガ哲学など、
アーユルヴェーダ大学病院にいながら包括的なヨガの学びも深められます。
ヨガがはじめての方でも心配ありません。
ラナ先生のシンプルなヨガの教えは、どんな方に対しても開けています。

ヨガクラスに含まれているもの
・消化力を上げるためのアーサナクラス
・プラナヤマ
・ヨガ哲学
・瞑想


講師紹介

Sabbal Rana サバール・ラナ ヨガ講師


リシュケシュに生まれ育ち、幼少よりヨガとアーユルヴェーダに触れて育ちました。PGCollege大学にて4年間、ヨガ科学、ヨガ哲学を学び、本格的に指導者への道へ。

200以上あるリシュケシュのヨガセンターの中でも数々の有名ヨガアシュラムで講師を務め人気を博し、2012年に自身のヨガスタジオHimalayanYogshalaを立上げました。

日本で毎年夏に開催されるワークショップやリトリートは、毎回キャンセル待ちがでるほどの人気です。

日本、中国、タイ、ロシア、ウクライナ、オーストリア等、世界中から招待され、ワークショップやTTC(指導者養成コース)を開催し、伝統的なハタヨガ継承しています。

HimalayanYogshala Rishikesh India 創立者
HimalayanYogsha代表、ヨガ指導者

Haruna Ominami  大南 晴菜 日本語サポート

カナダ、アメリカ、神戸、東京など様々な土地に移り住み、英語教師、通訳・翻訳、米国系企業での営業やエリア開発などを経験したのち、コロナでの自粛期間をきっかけに宮崎県に移住。
宮崎で、ヨガ、アーユルヴェーダ、サーフィンを楽しみ、サステナブルな暮らしを送っています。

2023年には3ヶ月半渡印し、PNNM大学にてアーユルヴェーダコースを受講、その後北インドのリシケシのアシュラムにて、ヨガRYT300を受講。

インドでの学びを深めました。

帰国後は、アーユルヴェーダドクターのもとで学びを深めながら、ヨガ講師としての活動だけでなく、アーユルヴェーダの知恵を取り入れた食事の提供、ヨガやアーユルヴェーダのワークショップやリトリートの主催など、幅広く活動中しています。

先生方から紡ぎ出される、アーユルヴェーダやヨガの知恵をそのままお伝え出来るよう、インドと皆様との橋渡しをしたいと思っています。

 

PNNMアーユルヴェーダ医療大学

今回私たちが勉強し宿泊する施設は、1902年に創立された伝統ある、PNNMアーユルヴェーダ医療大学です。

リゾート施設ではなく、アーユルヴェーダの大学病院でコースを開催するのは、インドで実際に行われているアーユルヴェーダの施術や、現地の人々に触れて欲しいからです。

大学病院の新校舎に宿泊し、大学施設内で施術やレクチャーを受けます。

そこでは、アーユルヴェーダ医大生、セラピー科に通う学生たち、実際に通院や入院している方々と触れ合うことが出来ます。

病院といっても、日本の病院とはイメージが異なります。緑のにあり、目の前には美しい川が流れています。

 

宿泊について

病院内の、清潔で広くて快適な部屋です。
スタッフが毎日クリーニングしてくれます。
基本的には、同性同士でシェアルームになります。

 

食事

インドベジタリアンが中心の、美味しいアーユルヴェーダごはんです。

屋上でのビュフェスタイルです。

 

開催日程

食事論コース:
2024年9月22日〜9月27日(9/28日本着)

 

航空券 予約例

往路

9/22 11:15 NRT 成田発 MH9117 ✈︎ 17:55 KUL クアラルンプール着(4時間05分待ち)
22:00 KUL クアラルンプール発 MH108 ✈︎ 23:10 COK コーチン 着

復路

9/28 00:10 COK コーチン発 MH109 ✈︎ 6:55 KUL クアラルンプール着 (2時間55分待ち)
9:50 KUL クアラルンプール発 MH70  ✈︎ 18:05 NRT成田着

★送迎はこの便に合わせますが、他の便でいらしても大丈夫です。
★9/23 Himalayan yogshalaの看板を持ったドライバーが空港にお迎えに参ります。

 

コース料金

アーユルヴェーダの食事論(単体):¥218,000

※美容法・オイル作り・食事論 実践にこだわり贅沢につめこんだ学びの18日間 インテンシブコースのお申し込みは単体コースよりもとってもお得

・開催日程:2024年9月9日〜9月27日(9/28日本着)

・コース料金
¥712,000¥642,000

インテンシブコースの詳細はこちら

料金に含まれるもの

・食事論クラス講義料金
・食事論クラス講義料金
・通訳料
・コース期間内の宿泊、宿泊施設での食事、各ヨガクラス
・空港送迎
※各自での宿泊、食事、移動をした場合には別途料金が必要になります。
※ インド入国ビザ代、航空券代、海外旅行保険代は含まれません

【キャンセルについて】
1ヶ月前以降のキャンセルにつきましては、如何なる理由におきましても予約金のご返金は致しかねます。ご了承下さい。

お申し込みはこちら

 

お申し込み前の確認

・航空券予約間違えやキャンセル、VISAの発給が間に合わない、発給されない、入国管理局判断による入国不可、などは自己責任となります。慎重にお手続き下さい。

・HimalayanYogshalaは旅行会社ではありません。コース中に盗難、お怪我、ご病気、最悪の事態が起きた場合、最善を尽くし対応しますが、私共には一切責任がないものとします。ご自身で海外旅行保険のご加入をお願いします。

・治療効果には個人差があります。効果を感じられない、または体調が悪化したと感じることがもしあった場合、Himalayan Yogshalaに一切責任はないものとします。

・ご参加は上記をご家族とご相談の上、同意のもとお申し込みください。

・生理中は出来ないトリートメントがあります。医師の指示に従ってください。

 

申し込みの流れ

申込みフォームからお申込

お申し込みはこちら


ご予約金として前金¥38,000を1週間以内に指定口座にお振込
残金は、PNNM に到着後に日本円現金でお支払い下さい。

1.受講者専用のLINEグループにご招待

2.航空券予約

3.インドビザ等のご準備
1カ月前には準備を始めましょう。
インド大使館・領事館ホームページ


4.日本からインド コーチン空港へ渡航

5.コーチンからPNNM大学に移動。

6.アーユルヴェーダ コース スタート

コース終了後、帰国

 

お問い合わせは下のボタンをクリック!

今すぐ問い合わせをする

お気軽にお問い合わせください

投稿日:2024年6月1日 更新日:

Copyright© HimalayanYogshala , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.